UA-110657843-1
床の施工知識

ソフト巾木、出隅の施工ポイントは”あたため”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、オーエムアートの奥井です。
前回から少し間があいてしまいました。
私事ですが、今月次女が無事に生まれバタバタしておりました。
新生児の小ささに驚いたほかに、長女が2歳でまだまだ赤ちゃんと思っておりましたが、
新生児と比べると長女の大きさに驚きました。

 

さて、オーエムアートでは現在HP上には壁紙のご紹介しかしていないのですが、
実は床のリフォームもしております。
(ごめんなさい、HPの構築が追いついていません。。。)

通常の住宅などに用いられるCF(クッションフロア)1.8mm厚や、
店舗様などのハード使用にも耐えれるタイルシートの施工もやっております。

是非ご相談ください。

そして今回はソフト巾木と言われる巾木についてです。

出隅の巾木施工

出隅の巾木施工

壁の下側をつたっているものが巾木です。(壁と床の取り合い部分)
(自分用メモの為写真が汚いです。。。)

このソフト巾木の役割はズバリ壁紙の保護です。
床との取り合い部分はダメージを受けやすく劣化も早いので、
このソフト巾木というもので保護します。
それが、役割です。

そしてソフト巾木の施工にもいろいろとコツがあります。

その中のひとつ、出隅(デズミ、出ている隅のこと)の施工のコツはカーブ部分をいかにきれいに決めるかです

ソフト巾木はもともとペロンペロンですが、まっすぐに戻ろうとします。

何も考えずに出隅を施工してしまうと、しっかりとカドを決めれずおさまりが悪くなり恰好悪いです。

なので、一度ドライヤーやお湯で温め、角をしっかりと出しながら施工していく必要があるんですね。

他の施工ポイントもまた記述したいと思います。

壁紙や床の張替をしたついでに、家全体の巾木を一度チェックし、
劣化が進んでいるソフト巾木だけ交換するというのもアリです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*